移情閣友の会

《王羲之と魯迅の跡を訪ねて》


 書法の世界で「書聖」と崇められる王羲之(307?~65?)はその晩年を会稽山陰(現在の浙江省紹興)で過ごし、蘭亭で「曲水流觴」という雅遊を主宰、そのことを記した『蘭亭集序』は行書の模範として人口に膾炙しています。この地はまた国語の教科書で中国の近代作家として唯一その作品が採用されている魯迅(1881~1936)の故郷でもあります。
 ここはかつて越国の都であり多くの文人、名士を輩出しています。「呉越同舟」「会稽の恥を雪ぐ」「臥薪嘗胆」などの成語を古典の授業で学ばれた方も多いと思います。この春、私たちは王羲之研究の第一人者である魚住和晃氏(神戸大学名誉教授)と魯迅研究をテーマにしてきた小生の二人が案内者となって、二十数名の方々と紹興を訪れました。
上海から紹興にいたるバス内の三時間は魚住講師による王羲之紹介と山田の魯迅解説の講座。現地ではまず王羲之の故居であった「戒珠講寺」の見学とその周辺にある「王羲之故里」を散策。翌日は魯迅故居や魯迅記念館のある「魯迅故里」を訪問しました。また、故里に隣接する「沈園」を参観しました。後者は南宋きっての詩人陸游がかつての妻と再会、その想いを詩に詠んだ庭園として知られています。
1911年の辛亥革命によって清朝が滅び、中華民国が建国された時には多くの犠牲者が出ました。その一人、日本での留学を終えて大通学堂を開設し、滅満興漢の人材を養成したために処刑された秋瑾女士の故居陳列館にも訪れました。また、越王句践を記念して構築された越王台、越王殿にも足を運び、その夕刻には「老街」として保存されている倉橋直街で紹興独特の白壁と黒柱、瓦屋根の古い町並みを堪能しました。
 「南船北馬」といわれるように、紹興には人工のクリークが街中に開鑿され、黒い苫をもった「烏篷船」が交通手段に使われてきました。家々の背後にはその流れが今も水をたたえ、船は九州の柳川にある観光船のように船頭が櫓をこぎながら観光客を運んでいます。魯迅も少年時代にはこの船で数日かけて南京に通い、水師学堂や鉄路学堂で修学しました。
三日目には杭州の西湖で船遊びという行程でした。予定では中国書法の根拠地である西冷印社や魯迅が日本から帰国して最初に勤務した杭州師範学堂(現在の杭州第一中学)、数奇な伝説に由来する雷峰塔などを訪れるはずでしたが、それでは帰国便に間に合わない恐れが出たため、上海までバスを急がせました。次回には孔子の故郷である山東省の曲阜や、王羲之の出生地である臨沂を訪れたいと思っています。(移情閣友の会 顧問 山田 敬三)

備考:魚住和晃『書聖 王羲之』(岩波書店) 山田敬三『魯迅の世界』『魯迅 自覚なき実存』(いずれも大修館書店、中国訳本は山東人民出版社『魯迅世界』、北京大学出版社『魯迅 無意識的存在主義』)





移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2017年05月19日 15:36友の会交流広場

移情閣まつりに参加して(須磨友が丘高校生徒より)

須磨友が丘高校 平田 夏菜

 10月10日、私たちは孫文記念館で開催された移情閣まつりに参加しました。尼崎小田高校から2人、神戸鈴蘭台高校から3人、須磨友が丘高校から私たち4人計9人の合唱と私たちの中国語教師エルヴィス中野先生の素晴らしい弾き語りで参加させていただきました。
 私たちが歌ったのは「茉莉花」と「送別」です。「茉莉花」は中国で最もよく歌われている民歌の一つで若い男女の純真な思いが活き活きと描かれています。ソプラノの高音が難しい曲でしたが、2部合唱で美しく歌えたと思います。また「送別」は日本では「旅愁」として歌い継がれている曲ですが、中国の方にとってもなじみの深い曲で、移情閣では会場全体で歌うことができて楽しかったです。
 また最後に孫文についてお話を聞きました。孫文と日本・神戸が深い関わりを持っていたと知りとても興味深いなと思いました。エルヴィス中野先生、私たちにこのような機会を与えていただきありがとうございました。お陰様ですごく楽しかったし勉強になり、充実した1日になりました。

須磨友が丘高校 武田 友加
 
 私は移乗閣まつりに出ることになり、初めは中国語の歌なんか覚えられるはずがないと思っていましたが、練習していくうちにだんだんと覚えられるようになりました。本番は思っていたよりもお客さんとの距離が近くてビックリしましたが、発音に注意してしっかり歌うことができました。初めて会う尼崎小田高校、神戸鈴蘭台高校の子たちとも歌を通して仲良くなれたと思います。「茉莉花」と「送別」はとても良い曲で歌っていてとても気持ちがよくなりました。エルヴィス中野先生の歌も最高でした。出演し終わってから、中国についてたくさんお話をして頂いて、知らないことがたくさんでもう少し中国について詳しく勉強してみたいなと思いました。中国語の授業を選択していてよかったと改めて感じる1日でした。

須磨友が丘高校 北村 芽依

 はじめに比べ中国語を好きになれたような気がします。もっと中国語と仲良くなりたいです!! 移情閣まつりでは、ちがう学校の子たちと共に歌い、中国の文化に触れることができとても楽しかったです。孫文記念館ではその名の通り孫文や中国の資料があったり私の知らないことばかりでとても役に立ちました。尼崎小田高校や神戸鈴蘭台高校の子たちと「茉莉花」と「送別」を歌いました。私たちは授業でもたくさん練習し、発表の時に力いっぱい歌えて気持ち良かったです。終わった後にほめていただいたのもすごくうれしかったです。とても良い経験になりました。

須磨友が丘高校 小西 真代

 移情閣まつりに出て初めて人の前で中国語を披露しました。中国語は習いだして半年くらいしかたっていないけれど、人の前に出て話せるくらいになったんだなと改めて実感しました。尼崎小田高校、神戸鈴蘭台高校の子たちとも初対面ながらも一緒に息をあわせ、「茉莉花」と「送別」の2曲を歌いきることができました。孫文にまつわる中国と日本の歴史も移情閣友の会の人に分かりやすく説明してもらいすごくためになったと思います。このような機会を与えて下さり、いつも熱心にそして楽しく中国語を教えてくれる中野先生にとても感謝しています。この行事に出たおかげでさらに中国語が好きになり、もっと話せるようになりたいと思うようになりました。これからの授業が楽しみです。


移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2016年12月19日 19:06友の会交流広場

高校生と共に移情閣まつりに参加しました

移情閣友の会会員・兵庫県立高校中国語講師 中野貞弘
 今回、委員長:後藤さんの強い勧めと高校側の理解も得られて、勤務する3つの県立高校から希望生徒を募り、参加が実現できました。生徒と共に歌った「送別」(旅愁)と「茉莉花」は中国に関心を持つ方にはなじみの歌ですが、高校生にはほぼ初めて聞く歌で、発音指導も含め2部合唱にするにはやや苦労しましたが、素直で吸収力ある若い彼らは、短い期間でよく覚え、会場の方々と共に歌うことができ、楽しいひと時を過ごすことができました。
エルヴィス・プレスリーの歌も披露させていただいたのは、僕が外国語の教師になれたルーツが彼の歌にあるからです。教室でも時には中国歌曲やフォークソングも含め披露します。
毎年秋、2学期は、中国語スピーチコンテストや中国語検定指導もあり、非常勤講師の立場でこうしたイベントに参加することは難しい面もありますが、出来る限り参加させていただけたらと思います。

=高校生にもっと中国語を=
 中国語を学ぶ高校生は、全国でおよそ500校、2万人です。兵庫県では昭和54年(1979年)垂水の県商(神戸商業)と姫路商業で始まり、兵庫県では神戸の六甲アイランド、葺合、神戸甲北、神戸鈴蘭台、須磨翔風、伊川谷、神戸学院大付属の他、明石南、加古川南、小野、芦屋国際、尼崎小田、香寺など、30校を越えていると思います。そのほとんどが週2時間で1年間(2単位)あるいは2年間(4単位)の選択授業ですが、神戸甲北のように3年間で8単位学べる学校もあります。
 1978年(昭53)30歳で英語教師として兵庫県に採用された私はその翌年、中国語も併せ担当するため、社高校から神戸商業高校に転任となり、定年退職後後も中国語教師を続けています。今年で高校中国語教育に携わり38年目を迎えました。
 中国語のイロハだけであっても高校生に教えることが大変楽しく、また意義あることだと強く感じており、この先も出来る限り長く続けることができたらと思っています。

移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2016年12月19日 19:01友の会交流広場

移情閣祭り&交流会に参加して(高校生の感想文)

同じクラスの3人と移情閣祭りに参加しました。他校の人も一緒と聞いていたのですごく不安でしたが、優しい人ばかりで楽しかったです。歌は「茉莉花」と「送別」を歌いました。私たちの歌を聞いてくださった人も最後は一緒に歌って楽しかったです。私のたちの歌が終わったあと、孫文記念館の中を案内してもらいました。孫文のことをほとんど知らなかったので、少し知ることができて楽しかったです。孫文記念館から見える海がとってもきれかったです。(神戸鈴蘭台高校 細川乃愛)

10月10日はすごく楽しく、素晴らしい経験ができた日となりました。私は移情閣祭りがあったことは知らなくて、最初先生から聞いた時、楽しそうだな”よさそうだな”とは思いました。でも、人前で歌うなんで!!!と思っては恥ずかしいなと思っていました。しかし、毎回授業でみんなと練習していくうちに楽しくなってきました。やっぱり当日を迎えると緊張しましたが、すごく楽しく歌えてよい経験ができました。もっともっと中国語がりゅうちょうに喋れるようになりたいと思いました。また機会があれば何か参加したいと思いました。(神戸鈴蘭台高校 林真帆)

私ははじめ、行くつもりはなかったのですが、自分の中国語のレベルを少しでも上げられたらいいなと思い、参加することにしました。イベントの内容は主に中国語の歌を歌うことでした。その歌とは「茉莉花」と「旅愁」です。二曲とも初めて聞いた歌で、歌うことができるかどうか心配でしたが、実際歌ってみると他の学校の子たちのきれいなコーラスのおかげで楽しく歌うことができました。先生はすごい服装だったのは、本当にびっくりしたけど、孫文のことについても知ることができたし、行ってよかったと思います。(神戸鈴蘭台高校 濱田早希)

能参加这项活动我很高兴。 我是一个中国人。 可以在异国他乡关看到有关于自己国家的文化,我覚得很亲切。有关于孙中山的事,有了更多的了解。这里的景色非常的漂亮。我很喜欢这里。如果有机会的话,我还想再来。(尼崎小田高校 曲 嬌嬌)
このイベントに参加することができて、嬉しかったです。 私は中国人です。 異国他郷で自分の国の文化に接することができて、親近感を覚えました。 孫中山先生の事について理解を深めることができました。ここの風景は非常にきれいです。 私はここがとても好きです。もし機会があれば、私はまだ来たいと思います。(後藤みなみ訳)
(繁体字版)能参加這個活動、我很高興。我是一個中国人。可以在異国他郷看到有関于自己国家的文化、我覚得很親切。有関于孫中山先生的事有了更多的了解。這裡的景色非常的漂亮。我很喜歓這裡。如果有機会的話、我還想再來。




移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2016年12月06日 21:17友の会交流広場
< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近のコメント
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人