移情閣友の会

3月13日中国文化史セミナーのご案内

中国文化史セミナーへのお誘い

開催日時: 2016年3月13日(日) 10-12時
会場:神戸舞子学院
演題:「下町の文化ー北京の街角から」
講師は山田 敬三さん(神戸大学名誉教授)
会費:千円
お申し込み先:電話&FAX:078-955-7016(神戸舞子学院)
ふるってご参加ください。

詳細はPDFデータにご参照ください。
20160311201211.pdf (PDF: 372.76KB)


移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2016年03月07日 12:58同好会

2016年度 移情閣友の会中国語講座募集のご案内

移情閣友の会中国語講座2016年度受講生募集中!


当講座は、「移情閣友の会」の中国語講座同好会による自主運営です。教養・知性を備えた実力のあるネイティブ講師陣(全員がドクタークラス、日本語も堪能)を招き中国語を学習しています。2016年度クラスにふるってご応募ください。




期間:2016年4月~2017年3月  開講日:4月7日(木)
場所:孫文記念館 「友の会の部屋」
定員:各クラス7名まで
なお、応募者が4名以下のクラスは開講しない場合がありますので、ご了承ください。

受講料:全講座 40回/年 ¥47,000 (移情閣友の会入会金¥1000含む) 
入門    発音・ピンイン・文法の基礎               (はじめての方 )
初級    簡単な日常会話・作文・基本の文法          (学習歴1~2年)
中級    日常会話・作文・文法(補語、比較、各種構文など) (学習歴3~6年)
上級    やや高度な会話・作文・文法               (学習歴7年~ )

注意事項:納付された受講料はご返却できません。
期中から受講されたる場合には受講料を割引いたします。

<講座案内>
時間 木曜日 閻 海英先生        土曜日 張 静敏 先生   日曜日 郑 洲 先生

9:30~11:00 < 木曜コース> 中級

11:10~12:40 < 木曜コース> 上級  <土曜コース> 中級     <日曜コース> 初級

13:30~15:00                <土曜コース>  初級    <日曜コース> 中級

(無料体験) 氏名、住所、電話をご連絡いただき、授業開始の時刻にお越し下さい。
(受講申込) 氏名、住所、電話をご連絡下さい。振込用紙等を郵送します。

申込方法:下記にご連絡ください

<送付先> 電話と Fax番号: 078-955-3973 
E-mail: ijoukakuchugokugo@gmail.com
 
郵送の場合:
〒655-0047 神戸市垂水区東舞子町2051 移情閣(孫文記念館)友の会 中国語講座
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 2016年度 移情閣中国語講座 受講/見学 申込書 どちらかに〇
移情閣友の会中国語講座 宛  Fax (078-955-3973)  
                                
氏 名(ふりがな):                        

連絡先: 〒                               電話番号     
       
希望クラス:           (    曜日) 


年間授業日程表などについてはPDFデータにご参照ください。



2016%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E8%AA%9E%E8%AC%9B%E5%BA%A7.pdf (PDF: 752.64KB)

移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2016年02月27日 14:29同好会中国語講座

中国文化史セミナーへのお誘い

2016年2月14日(日) 10-12時、神戸舞子学院同好会での中国文化史セミナーについて、ご案内いたします。
今回は、山田敬三顧問(神戸大学名誉教授)を講師にお迎えして
「15年戦争と文学ー火野葺平&石川達三ー」と題して講演の予定です。ふるってご参加ください。

15%E5%B9%B4%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%81%A8%E6%96%87%E5%AD%A6.pdf (PDF: 359.71KB)


移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2016年02月09日 20:23同好会

移情閣中国文化同好会3月例会ほかのご案内

移情閣中国文化同好会3月例会は、下記の通り開催いたします。ふるってご参加ください。
日 時 : 3月20日(日) 14:30~16:30
会 場 : 孫文記念館2階 講義室
演 題 : 「金門島の話」
講 師 : 孫文記念館研究員 蒋 海波氏
参加費 : 500円
受付にて、必ず会員証を提示のうえ、ご参加ください。
未入会の方は、別途入館料300円(65歳以上は200円)をお支払いください。


<今後の予定>
4月講演と総会
日時:4月17日 14:30~16:30
会場:孫文記念館講義室
講演:「幸せを呼ぶ風水(仮題)」
講師: 風水研究科 張 真紀氏

5月例会
日時:5月15日 14:30~16:30
会場:孫文記念館2階 講義室
講演:「成都・台北留学体験記」
講師: 中国語講座生 宮本 博氏


2016%E5%B9%B43%E6%9C%88%E4%BE%8B%E4%BC%9A%E6%A1%88%E5%86%85.pdf (PDF: 143.89KB)







移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2016年02月04日 18:41同好会

中国文化史セミナー及び留学報告のお知らせ

 山田顧問より下記の中国文化史セミナー及び中国語講座受講生宮本博さんの中国及び台湾への留学報告会について、お知らせいたします。興味のある方、ふるってご参加ください。

 1 陳舜臣氏を偲んで――追悼逝去一周年

 陳舜臣さんが亡くなられて間もなく一年になります。台湾にルーツをもちながらも、「根っからの神戸っ子」だったと田辺聖子さんが評しています。推理小説作家として出発、歴史小説で大成し、学術性の高いエッセイでも健筆をふるった陳さんの自伝ともいうべき『道半ば』(集英社)を題材に、その生涯を見てみたいと思います。作品はグローバル化した現代に生きる私たちに多くの問題を投げかけています。

日時:1月10日(日)10時~12時

会場:神戸舞子学院(JR舞子駅より南西へ徒歩5分、国道2号線の海側)

講師:山田 敬三(神戸大学名誉教授・日本現代中国学会顧問)

会費:1,000円(高・大学生500円)
申込: 電話/FAX 078-955-7016 メール/maikogakuin@hyogo.zaq.jp

共催:陳舜臣アジア文芸館


%E9%99%B3%E8%88%9C%E8%87%A3%E6%B0%8F%E3%82%92%E5%81%B2%E3%82%93%E3%81%A7.pdf (PDF: 370.61KB)

2 留学報告会

 数年前、民間会社をリタイア―の後、中国語講座の入門を体験され、すぐに中国の四川大学へ語学留学、さらに台湾の淡江大学と台湾師範大学でも中国語を学ばれた宮本博さんがほぼ二年ぶりに帰国されました。周りの留学生はすべて外国人で日本語は通じなかったという貴重な体験をされています。HSK(漢語水平考試)4級にも挑戦して合格されました。この間のお話を次の日程でうかがいたいと思いますので、ぜひご参集ください。


日時:12月26日(土)17時~18時

会場:神戸舞子学院第二教室(JR舞子駅から南西へ徒歩約5分、国道2号線の海側、入口は建物の東面)

演題:中国から台湾へ――海外研修の報告

講師:宮本 博さん

 なお、会の終了後、ご都合のつく方々と引き続き宮本さんを囲んで食事会を持ちたいと思います。もしよければ、ご参加ください。ただし、食事会の方は事前に参加をお申し込みください。費用は1,500円程度を見積もっています。
   
移情閣中国語講座運営委員長
山田 敬三




移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2015年12月24日 17:57同好会

コーラス同好会張文乃さん「ロドニー賞」受賞祝賀会のお知らせ

コーラス同好会指導の張文乃さんが11月26日風月堂で「ロドニー賞」を受賞され、移情閣コーラスがその授賞式で歌を披露されました。コーラス同好会河合純子代表より受賞お祝い会のご案内について、お知らせいたします。
 友の会会員が受賞されることは、大変喜ばしいことで、本当におめでとうございます。友の会の皆さまにもご都合つけば是非ご参加をお願いします。

張文乃先生ロドニー賞受賞お祝い会 ご案内

拝啓 師走の候、皆さま益々ご清祥の事とお喜び申し上げます。

さて、既に新聞記事などでご存じの事と存じますが、私共を熱心にご指導くださっている張文乃先生が、この度、音楽を通じての日中交流活動に対し、神戸市民を元気づける活動をした人々に送られる「ロドニー賞」を受賞されました。

つきましては、先生のご指導を受けているコーラスグループの者でお祝いの会を持ちたく、下記の通り計画しました。年の瀬もせまり、お忙しい折とは存じますが、ご参加頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。                 
敬具                          
                                                          
                      記

日 時: 2015年12月22日(火曜日)12:00~14:00

場 所: レストラン「はーとす」(神戸市産業振興センター10階)
      神戸市中央区東川崎町1-8-4 (Tel:078-360-4602)
     JR神戸駅前、ハーバーランド「プロメナ神戸」西隣、国道2号線沿い
(はーとす=美味しく+身体に優しい、を目指し神戸の朝採り野菜や兵庫の厳選した旬の食材を取り入れて「毎日ごはん」を真心込めて提供しています)HPより http://www.heartoss.com/page245262.html
           
会 費: 3,000円(食事代、お花代、お祝いを含む)

準備の都合上、出欠のご意向をメール又はFAX(078-783-5531)にて12月15日までに、お知らせ頂ければ幸いです。

世話役代表;移情閣コーラス(河合、福島)
                  


%E5%BC%B5%E5%85%88%E7%94%9F%E3%83%AD%E3%83%89%E3%83%8B%E3%83%BC%E8%B3%9E%E5%8F%97%E8%B3%9E%E3%81%8A%E7%A5%9D%E3%81%84%E4%BC%9A.pdf (PDF: 123.32KB)

 
移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2015年12月05日 12:46同好会

移情閣中国文化同好会10月行事のご案内

日   時 : 10月18日(日)14:30~16:30
場   所 : 孫文記念館 講義室
演   題 : 孫文と曽祖父 三上豊夷(みかみ とよつね)
人物紹介 : 1863~1942。神戸で海運業を営の日本通運)8、10代社長。孫文の革命運動に共鳴し生涯支援を続けた。1913年8月、松方幸次郎らとはかって日本亡命の孫文を密かに上陸させた。孫文を支援した実業家として出色。
講   師 : 三上 隆 氏(中国文化同好会会員)
参 加 費 : 500円
孫文記念館受付にて、必ず、移情閣(孫文記念館)友の会の会員証を提示願います。
未入会の方は入館料300円(65歳以上は200円)をお支払いください。


2015%E5%B9%B410%E6%9C%88%E4%BE%8B%E4%BC%9A%E6%A1%88%E5%86%85.pdf (PDF: 121.93KB)

移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2015年10月18日 10:19同好会

《中国文化史セミナー》へのお誘い

11月から3月までの第二日曜日10時~11時30分に開講いたします。
セミナー各回の内容は下記の通りです。

11月8日(日) : 奥の細道――芭蕉の中の中国
12月13日(日): 孫文の儒教と大同思想
1月10日(日)  : 陳舜臣氏を偲んで――追悼逝去一周年
2月14日(日) : 15年戦争と文学――日本と中国の近代文学
3月13日(日) : 下町の文化――北京の街角から


会 場:神戸舞子学院(JR舞子駅より南西へ徒歩5分、国道2号線の海側)
講 師:山田 敬三(神戸大学名誉教授・日本現代中国学会顧問)
受講料:一回1,000円


11月8日開講の「奥の細道―芭蕉のなかの中国」についてのご案内

 芭蕉の俳句や俳文には中国文化がさりげなく取り込まれています。「奥の細道」が冒頭から李白の「宴春夜桃李園序」で始まっていることはよく知られた事実ですが、杜甫の「春望」なども換骨奪胎して盛り込まれています。他にも「李杜が心酒を嘗めて寒山が法粥を啜る(虚栗集跋)」、「楽天が五臓の神を破り老杜は痩せたり(幻住庵記)」、「中にも飯顆山は老杜のすめる地にして李白がたはぶれの句あり(瓢の銘)」など中国古典からの引用は枚挙にいとまがありません。

 俳人芭蕉の文学に中国文化がどのようにかかわっているのか、セミナーではそうした痕跡を探索しながら、「奥の細道」を桝形本の影印複製本によって読み解いていきたい。テキストのコピーを用意します。原文はいわゆる変体仮名によっていますので、当時の人々が愛用した文字にも親しんでください。関心を持たれた方々とは、引き続き毎月第四土曜の午後3時から講読を続けます。(第四土曜の講読会は資料代300円、受講料不要。)

<お問い合わせ&申込先>
神戸舞子学院事務局
電話・FAX:078-955―7016
なお、お電話による受付は月曜日を除く10時~17時です。
E-mail:maikogakuin@hyogo.zaq.jp
HP:http://www.maikogakuin.com


%E5%A5%A5%E3%81%AE%E7%B4%B0%E9%81%93%5B1%5D.pdf (PDF: 1286.38KB)

移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2015年10月18日 09:21同好会

9月13日「原典で読む中国文化史」のご案内

友の会山田敬三顧問より 「原典で読む中国文化史」開催についてご案内です。今回は『国策に散った開拓団』についてお話されます。ことについては最近も神戸新聞紙夕刊で連載されましたが、滿洲開拓の国策に沿って、全村が中国の東北地方へ移住、敗戦の結果、苦難に満ちた逃避行に耐えず、1945年8月17日に現地の呼蘭河へ身を投じて集団入水した兵庫県但東町高橋村の事実です。
中国東北地方への移住では長野県から最も多くの犠牲者を出していますが、兵庫県内でも大きな悲劇を生んでいます。今回は山田顧問が長野県阿智村に建設された「満蒙開拓平和記念館」への訪問記とともにご紹介する予定です。ふるってご参加ください。

 日時:9月13日(日)10時~11時30分
 会場:神戸舞子学院(JR舞子駅より西南へ徒歩5分、国道2号線の海沿い)
 会費:千円

<参加申込&お問い合わせ先>
神戸舞子学院事務局
TEL&FAX:078-955-7016
代表:山田敬三

移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2015年09月02日 18:16同好会

日中友好交流演奏会を参加して

2015年8月22日(土)神戸文化ホールにて国際音楽協会の主催で開催されました。理事長で友の会コーラス同好会指導の張文乃先生による指揮で国際合唱団が中国の歌などを披露されました。また、中華同文学校楽奏部との共演で二胡同好会から13名の会員も出場され、素敵な合奏が会場を魅了し、素敵な演奏会でした。


移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2015年08月25日 12:59同好会

中国文化同好会7月例会報告

 2015年7月19日(日)14:30より移情閣2階講義室にて、7月例会講演会が開催され、東洋文化と茶を楽しむ会 理事 出田 恵美子さんによる「中国茶の楽しみー五感で楽しむ中国茶」と題して講演をいただきました。
 
 中国茶の歴史、お茶の種類、実際に訪ねられた中国各地の茶畑などの画像を見せながらのお話は、中国茶に対する理解を深めることができました。
 
 最後に、中国茶の入れ方や茶器「聞香杯」などの使い方を実演され、参加者には美味しい中国茶とお茶うけのヒマワリの種が振る舞われた楽しいい会でした。




 
移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2015年07月22日 12:54同好会

8月22日日中友好交流演奏会のお知らせ

移情閣コーラス同好会指導の張 文乃先生が理事長を務めるNPO法人国際音楽協会の主催で、移情閣二胡同会も協演される「日中友好交流演奏会」は、下記の通り開催されます。
ふるってご参加下さい。

日時:2015年8月22日(土) 
会場:神戸文化ホール(中ホール)
開演:13:30 (開場 13:00)
一般:2,000円
学生:1,000円

お問い合わせ:NPO法人国際音楽協会
電話:078-392-2711

20150822630191649.pdf (PDF: 622.64KB)








移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2015年07月14日 12:50同好会

二胡同好会コンサートのお知らせ

数寄屋で音楽ライブのお誘い
♪夏の昼下がり旧木下家住宅のお座敷に癒しの旋律が響き渡ります♪


日時:2015年7月23日(木)13:30~14:30
会場:兵庫県立舞子公園西地区 旧木下家住宅
演奏:移情閣二胡同好会
曲目:『移情閣組曲』より2曲
    シルクロード
    日本の四季めぐり 他
定員:30名
申込:不要・当日先着順
参加費:無料(要入館料:大人100円、65歳以上・高校生50円、中学生以下無料)

4月25日に大阪クレオで行われた中国音楽フェスティバルで初公演された、移情閣二胡同好会講師の鳴尾牧子先生の作曲による同好会オリジナル曲『移情閣組曲(全4曲)』より2曲を披露の予定。現在、会員は21名ですが、今回は8名で演奏します。
ふるってご参加ください。



20150723%E4%BA%8C%E8%83%A1.pdf (PDF: 679.68KB)

移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2015年07月07日 19:11同好会

第四回「原典で読む中国文化史」ご案内

移情閣(孫文記念館)友の会会員の皆様

 平素より友の会の活動にご理解とご協力を心から感謝申し上げます。
 さて、山田 敬三顧問より下記のご案内が届いておりますので、お知らせいいたします。
 ふるってご参加ください。

五四運動から天安門事件まで、民主化運動の拠点となってきた北京大学の実態を現場での体験からお伝えします。当日は事件の画像をDVDでご覧いただきます。

題目:北京大学のキャンパスからーー天安門事件の真相
日時:7月11日(土)15時10分~17時
講師:山田敬三(神戸大学名誉教授・日本現代中国学会顧問)
会場:神戸舞子学院(JR舞子駅より西南へ徒歩5分、国道2号線沿いの海側)

<お問い合わせ・お申込先>
神戸舞子学院事務局
電話:078-955-7016
HP:神戸舞子学院
メールアドレス:maikogakuin@hyogo.zaq.jp

移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2015年07月04日 13:22同好会

巨匠 陳舜臣さんを偲ぶ

今年1月、神戸を愛した中国歴史小説家陳舜臣さんが90歳で逝去された。5月26日、「陳舜臣アジア文藝館」のグランドオープンを兼ねて「お別れの会」が催された。200人の友人、ファンが詰めかけ、別れを惜しんだ。神戸で生涯の大半を送ったコスモポリタンであった。膨大な著作は日中の絆、懸け橋であり、その功績は大変高く評価される。

「神戸の山と海をこよなく愛した詩人であり、哲人であった」
「三宮を飲み歩いたことが懐かしい。宝塚歌劇団が大好きだった」
「小説家たちの中でも心の優しい憧れの人だった」
親しかった友人達のわかれの言葉に陳さんの本当の人柄がうかがい知ることが出来た。



巨匠を偲んで、コンサートも行われた。陳さん作詞の「かささぎ橋」等を移情閣友の会コーラス同好会が熱唱した。合唱団を率いる指揮者の張文乃先生は、陳さんの遠縁でもあり「陳さんは歌が好きで低音が魅力だった」と語ってくれた。

プーリー・アナビアンさんのペルシャの伝統楽器「サンツール」による演奏はシルクロードを彷彿させてくれた。北京から駆けつけた二胡の田偉さんと琵琶の大家エンキ(閻杰)さんよる日本の「故郷」と内モンゴルの「草原情歌」は音楽に国境はないと感じさせてくれた。小池照男さんの篠笛の伴奏のもと二ノ宮修生さんの唐詩朗読も爽快感を皆に与えてくれた。

陳舜臣の偉業を忘れることなく、この場所、神戸の「陳舜臣アジア文藝館」がアジアの文化、芸術の発信基地になることを願っています。

(企画運営委員 吉村晴夫)

















移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2015年06月18日 18:34同好会

「中国古代史を学ぶ」「論語と漢詩を学ぶ」同好会合同懇親会を終えて


「移情閣中国古代史を学ぶ」同好会と「移情閣論語と漢詩を学ぶ」同好会の合同懇親会が6月17日(水)垂水でありました。

講師の瀬田慶太郎先生を囲い、12名が参加され、カラオケスナック貸し切りで気兼ねなく会員相互の親睦を深めることが出来ました。

当日は会員各自の挨拶、移情閣友の会との出会い、昔の想い出話、演歌からシャンソン、お酒にお寿司・・・・芸達者で、戦後の激動の時代を生き抜いてきた面影が見て取れます。

皆さんは実年齢の7掛けの状態で生き生き、和気あいあいと、楽しいひと時を過ごすことが出来てとっとも良かったです。(「移情閣中国古代史を学ぶ」同好会代表 吉村 晴夫 記)

移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2015年06月18日 18:14同好会

《中国文化講座》開催のご案内

2015年4月から神戸舞子学院同好会の《中国文化講座》が始まります。

7日(火)は神戸大学で長年にわたり書道を担当してこられた魚住卿山先生による「中国書法の古典」
(第一・第三火曜13:30、学費半年18,000円)。「書聖王羲之」(岩波書店)の著者です。

8日(水)からは伊藤浄盦先生(日本篆刻家協会評議員)の「篆刻入門」
(第二・第四水曜13:30、学費4か月12,000円)。

11日(土)15時10分からは友の会顧問の山田敬三神戸大学名誉教授による「原典で読む中国文化史」
(第二土曜15:10、学費は半年6,000円)で初回は「追悼・陳舜臣―その人と文学」

19日(日)には高橋宏和先生(京都女子薬科大学非常勤講師)の「楽しく学ぶ漢方講座」
(第三日曜、午前10:00、学費は半年6,000円)。

28日(火)は林静佳女史(兵庫県水墨画協会理事)による「やさしい水墨画・墨彩画」
(第四火曜13:30、学費三か月12,000円)。

第四土曜(25日)の15時10分からは中国映画鑑賞会(会費500円)も準備されています。
第一回は「フランク・キャプラの日中戦争」。

お問い合わせ、お申し込みには、以下の電話とファックスまたはメールアドレス、
ホームページをご利用ください。
電話/FAX:078-766-2628、メール:maikogakuin@hyogo.zaq.jp
HP:http://www.maikogakuin.com

移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2015年04月02日 19:51同好会

中国文化同好会3月定例会

 2015年3月15日14:30から16:30まで中国文化同好会の月例会は、移情閣2階講義室にて開催されました。今回は、友の会顧問・神戸大学名誉教授の山田 敬三先生を講師に迎え、「鎮魂と平和の里ー阿智村の満蒙開拓平和記念館を訪ねて」と題して講義をいただき、17名の参加者が真剣に話を聞き入りました。
 講義の中に、戦後終了後にもかかわらす通化事件が起きたという説明がありました。最後に質疑応答の時間で、驚いたことに当時19歳で実際に戦争にかかわっていた同好会会員がおられて、通化事件にかかわった往時の様子を生の声で聞けましたことでした。終戦後70年経っても戦争の悲惨さと愚かさを痛感し、二度と戦争を起こさないよう、祈念しております。
 ここ、移情閣友の会は、市民レベルでの日中交流を通して、日本と中国の両国間の関係改善に貢献できるような活動をしていきたいと強く思いました。



移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2015年03月17日 12:40同好会

第10回中国文化史セミナーを終えて

 2015年2月22日(日)14-16時、神戸舞子学院にて今年度最終の中国文化史セミナーが開催されました。神戸大学名誉教授・友の会顧問である山田 敬三先生による「鲁迅 の「故郷」を訪ねて」と題しての講義でした。
 
 はじめに、神戸舞子学院の中国語講師の張 力民先生が「故郷」の冒頭の言葉を綺麗な北京語で朗読されたあと、その日本語訳を、友の会中国語サロン会員・元中国語講座受講生の宮本 博さんが朗読されました。

 続きまして、山田先生が大学での講義のパワーポイントを使われ、中国の貴重な小説家、教育家である魯迅の生まれから国費留学生として日本の仙台医学専門学校で学ばれた様子、中国での教師時代、またご著書等など、DVDを見せながら順を追ってわかりやすく説明されました。時間の関係で、ほんの魯迅のエッセンスをご教授頂きましたが、実際は、もっと奥の深い事が隠れていると感じさせられました。

 講義の最後に、中国の根底に流れる歴史を正確に学びとり、また近代史の中で、日本が実際どのように大陸とかかわってきたかを紐解き、その上で、現在の中日関係を判 断すべきであると結ばれました。孫文とのかかわり、毛沢東とのかかわりの一端をも紐解いていただき、さすがだと思わせる内容でした。
 
 

移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2015年02月23日 13:28同好会

中国文化同好会2月例会


 2015年2月15日14:30から16:30まで中国文化同好会の月例会は、移情閣2階講義室にて開催されました。今回は、友の会中国語講座講師閻海英老师による講演で、「私の故郷長春」の紹介です。会場内は満席、通路に椅子を3席も出したほどの盛況ぶりです。また、満鉄など、日本にも親しみのあるところであり、年配の方からの質問も活発でした。

 長春は中国吉林省の省都、人口750万、長春市内の人口は358万人。地理、気候、自然資源、歴史、工業、教育、文化芸術、体育、交通、姉妹都市、友好都市、施設:長春映画製作所、長影世紀城、浄月潭森林公園、長春世界彫刻公園、偽满皇宫博物馆の順序で長春の紹介が、解り易く説明されました。

 長春の土地が肥沃で、農産物が豊富である事、特に美味しいお米が、取れるそうです。陸稲生産から、日本と同じ水稲に代わりました。トウモロコシの大生産地。また、「糧食庫」でもあります。緯度的には、日本の東北、北海道あたりでしょうか。友好都市として、仙台市、北海道千歳市、金ヶ崎市と締結しています。北海道と同じで、冬は極寒の地で、冷蔵庫は入らないそうです。日本の友好都市と同じで、浄月潭森林公園は、100平方キロの広大な自然と自然が豊かできれいな風景と生態系がある素晴らしい地区です。また、地理的に日本にとても近いです。

 只今、長春地下鉄が建築中。便利になり楽しみです。長影世紀城は、世界級映画テーマパークが有ります。特殊効果では、広さもさながら、世界NO1だそうです。中国最大級の有名な長春映画製作所と相まって、中国はもちろん、世界に向けて誇れる施設だそうです。また、ウインタースポーツが盛んでスケート、スキーはとても盛ん。体育館も40以上ありスポーツの町でもあります。冬季アジア大会も開催。

 満州時代は、新京と呼ばれ、偽满皇宫博物馆が当時の事を今に伝えています。中国一大きい吉林大学が有り、4万人以上の生徒数を誇り、留学生も多い。iPadの動画を使い、「東北漫才」「東北田植踊り」の映像、音楽の解り易い説明もありユニークでした。また、閻先生は若い時、留学が終わったら、長春で働きたかったそうです。当時の留学の難しかったこと、一族のとの関係の事にも触れられて、中国事情も分かる、楽しい長春の紹介でした。
移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2015年02月16日 20:06同好会
< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最近のコメント
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人