移情閣友の会

移情閣(孫文記念館)友の会会則

第1章 総 則
第1条(名称)
本会は移情閣(孫文記念館)友の会という。
第2条(事務局)
本会の事務局は神戸市垂水区東舞子町2051におく。
第3条(目的)
本会は移情閣(孫文記念館)を拠点として、公益財団法人孫中山記念会の目的とする日中文化交流を市民段階で実施し、日中並びに国際間の文化交流活動を通じて、会員相互の親睦を図ることを目的とする。

第2章 会員及び会費
第4条(入会)
本会の会員は本会の目的に賛同し、会費を納めたものとする。
会員は一般会員と賛助会員とで構成される。
賛助会員は、本会の趣旨に賛同しご協力いただける個人および団体が入会できる。
第5条(会費)
 1.会員は会費を納めなければならない。
 2.会費について、一般会員は年間1,000円、賛助会員は年間5,000円とする。
 3.すでに納入された会費は、理由の如何を問わず返還しない。
第6条(退会)
 1.会員はいつでも申し出ることで退会できる。
 2.会費を1年以上滞納したものは、退会したと見なす。
第7条(除名)
会員が本会の名誉を毀損、または目的に反する行為を行ったときは、総会の議決により、除名することができる。

第3章 役 員
第8条(役員)本会に次の役員を置く。
 会長 1名  副会長 1名  顧問 1名  企画運営委員長 1名  企画運営副委員長 2名  企画運営委員 若干名 監事 2名
第9条(役員の任命)
 1.会長は総会において選任される。
 2.副会長は総会の決議を経て、会長が委嘱する。
 3.企画運営委員長と副委員長は、企画運営委員会の推薦をもとに、総会の議決を経て会長が委嘱する。
 4.企画運営委員、監事は総会の議決を経て、会長が委嘱する。
第10条(役員の職務)
 1.会長は本会を代表する。
 2.副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はその職務を代行する。
 3.顧問は友の会の企画・運営に対して助言を行う。
 4.企画運営委員長、副委員長、企画運営委員は本会の目的に添った活動を企画立案する。
 5.監事は会計を監査する。
第11条(役員の任期)
 1.役員の任期は1年とし、再選は妨げない。
 2.補欠または増員により就任した役員の任期は、前任者または現任者の残存期間とする。
 3.前任者は任期終了後も後任者が就任するまでは、その任に当たるものとする。

第4章 総 会
第12条(総会)
 1.会長は毎年定期に総会を開催し、必要に応じて臨時総会を開催する。
 2.総会への出席資格は総会開始年度に友の会会員であるものとする。賛助会員は総会においての発言は許されるが、議決には参加できない。
 3.総議決権の過半数の出席(委任状を含む)をもって総会は成立する。総会に出席できない場合、委任状は総会出席者の決議に従う。
 4.総会の議長は出席者の中からその都度選任する。
 5.総会の議事は出席者の過半数をもって決定し、賛否同数なるときは議長がこれを採決する。
 6.下記の事項は、企画運営委員会の議決を経て、総会に議案として提出し、承認を受けなければならない。事業報告並びに計画、決算並びに予算、役員選出、会則変更、会費の賦課及び徴収方法、その他必要と認める事項

第5章 企画運営委員会
第13条(構成)
 1.本会に企画運営委員会を置く。
 2.企画運営委員は各同好会代表(世話人)および一般会員代表 若干名で構成する。
 3.企画運営委員会の議長は企画運営委委員長が執り行う。
第14条(召集)
 1.企画運営委員会は、企画運営委員長が、原則毎月1回召集する。
 2.企画運営委員長は役員の3分の1以上から請求があったときは、速かに企画運営委員会を招集しなければならない。
 3.企画運営委員会の召集は、予定日の5日前までに会議の目的、日時、場所を示し、構成員の全員に通知しなければならない。
第15条(議決事項)
 企画運営委員会においては、あらかじめ通知した事項についてのみ議決することができる。ただし、出席者の過半数の同意があった場合はこの限りではない。
第16条(採決)
 企画運営委員会の議事は、出席した委員の過半数で決し、賛否同数の場合は議長がこれを採決する。
第17条(議事録)
 1.企画運営委員会の議事については、議事録を作成する。
2.書記は企画運営委員の中から、その都度選出する。
3.議事録は書記が結果を記録し、会が終了するまでに、その内容の要点について、出席者の過半数の承認を受けなければならない。
第18条(運営)
 企画運営委員会は、総会で議決承認された事項について、これを運営する。
第19条(傍聴)
 1.会員は、事務局に届け出ることで、企画運営委員会に出席し、議事を傍聴できる。

第6章 同 好 会
第20条(承認)
 1.同好会活動を始めようとするものは、同好会の名称、目的、代表者名と連絡先、活動予定を記した申請書類を事務局に提出する。
 2.企画運営委員会は、申請書類を審議し、友の会の目的に合ったものと認めた場合、同好会としての活動を承認する。
 3.承認の可否は事務局より代表者に通知する。
第21条(活動報告)
 1.同好会は代表するものを企画運営委員に推薦する。また、企画運営委員会から要請あるときは、活動予定及び結果を適宜報告しなければならない。
 2.同好会の代表者は、一年間の活動内容を3月末までに企画運営委員会に、文書で報告しなければならない。
第22条(解散)
 1.同好会がその目的を達成し解散するときは、企画運営委員会に届け出る。
 2.企画運営委員会は、活動報告があってもその内容を検討して、同好会活動が1年以上なされていないと判断したときは、解散したものとみなす。

第7章 移情閣だより
第23条(構成)
 1.企画運営委員会は、会員の中から移情閣だよりの編集委員を選任し、業務を委嘱する。
 2.編集委員長は編集委員の互選により選出される。
第24条(発行)
 1.年間の発行回数、発行予定月は企画運営委員会で決定する。
 2.記事内容は、企画運営委員会が承認し、発行責任は、企画運営委員会が負う。
第25条(発送)
 発送業務は事務局が行う。

第8章 事務局
第26条(事務局)
 本会に事務局を置く。
 第27条(構成)
事務局には、事務員、会計を置く。
第28条(役割)
 事務局は次の事項を執り行う。
 1.会費の徴収および会計事務処理
 2.連絡、事務書類、移情閣だよりの発送
 3.会員の入会、退会処理および名簿の管理、作成
 4.その他企画運営委員会で特に定めた事項

第9章 会計
第29条(会計)
 本会の事業は会費、助成金、事業収入、寄付金を持ってこれにあてる。
第30条(会計年度)
 本会の会計年度は、4月1日に始まり翌年の3月31日までとする。
第31条(必要経費)
 企画運営委員会が必要と認めた経費は実費を支給する。

本会則は、
平成24年4月29日より施行する。
平成26年4月27日より改定し施行する。
平成27年4月26日より改定し施行する。


タグ :会則移情閣

移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2011年06月10日 15:25

移情閣だより

友の会の会員向けの季刊紙(年数回発行)

友の会全体及び同好会の活動・行事予定等のお知らせ・報告や孫文記念館関係者からの寄稿文を掲載しています。


■移情閣だよりNo108


■移情閣だより一覧
過去の移情閣だよりはこちら

移情閣だよりNo105
移情閣だよりNo104
移情閣だよりNo103
移情閣だよりNo102
移情閣だよりNo101
移情閣だよりNo100
移情閣だよりNo99
移情閣だよりNo98
移情閣だよりNo97
移情閣だよりNo96
移情閣だよりNo94

移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2011年06月10日 14:40移情閣だより

友の会活動

移情閣友の会では、中国語講座や同好会の他に、年間を通しての日中文化交流の活動を行っております。四季折々の活動を行っておりますので、ご興味ある方々は、奮ってご参加ください。
移情閣友の会では、各種の同好会活動を通じ、日本と中国との文化交流を行っています。
主な行事は中国語講座を開設するとともに、四季折々に、友の会総会、移情閣まつり、月見の会、スケッチ会等の行事行っております。
タグ :友の会活動

移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2011年06月10日 14:39友の会活動

プライバシーポリシー

移情閣友の会は、プライバシーの保護を重視しています。 以下に、当サイトご利用の際に、お客様から提供される個人情報(個人には法人も含む。以下「個人情報」という)の保護に関するガイドラインを記載いたします。

個人情報の取得
移情閣友の会では、サイトの閲覧をより効率的に行ったり、閲覧いただいたお客様により詳しい情報を別途ご提供するためなどに、お客様に対して必要な個人情報の提供をお願いすることがあります。但し、情報提供の是非は、お客様ご自身に選択していただくものです。 当サイトにおいて個人情報とは、お客様のお名前、住所、電子メールアドレスなどお客様を識別することのできる情報を指します。

個人情報の使用
お客様にご提供いただいた情報は機密扱いとなり、お客様への情報提供および、業務・サービスの向上のために使用されます。お客様の個人情報は、外部組織に提供されたり売却されることは一切ありません。移情閣友の会のサイトで収集された情報は、下記の場合を除いて、お客様の同意なしに、第三者に開示・提供することはありません。
1. サービスに関する質問への対応、郵便物の発送、メールでの情報提供、並びに業務上必要な調査等を、他社に委託する場合
2. お客様が、移情閣友の会に損害を生じさせた、あるいはその疑いがあると移情閣友の会が判断した場合
3. 裁判所、弁護士会、警察、消費者センターなど公的機関から照会を受けた場合
4. その他、法令の定めのある場合

また、協力企業、その他の第三者に移情閣友の会のサービスを説明する際、またその他の合法的な目的のために、お客様の統計情報を開示する場合があります。但し、統計情報には、個人を特定できる情報は含まれないものとします。

お客様のアクセスログについて
移情閣友の会のウェブサイトでは、アクセスされた方の情報をアクセスログという形で記録しています。アクセスログには、アクセスされた方のアクセス日時、ドメイン名やIPアドレス、使用されているブラウザの種類、などが含まれますが、個人を特定できる情報は含まれません。アクセスログは利用状況に関する統計分析のために活用され、それ以外の目的で利用されることはありません。 ポリシーの変更 移情閣友の会のプライバシーポリシーを大幅に変更する場合は、今後このウェブサイトで告知いたします。

移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2011年06月08日 17:35

免責事項

本ウェブサイトは移情閣友の会(以下、「当店」といいます。)が運営しています。本ウェブサイトを利用することをもって、お客様は本ご利用条件に同意したものとみなされます。なお、本ご利用条件は変更される場合があります。最新の内容をご確認いただきますようお願いいたします。本ウェブサイトを利用される際には、その中に掲載されているご利用条件にもご同意いただく必要がありますのでご注意下さい。

著作権
本ウェブサイト上のコンテンツ(文章、図表、画像、写真)は、当店の著作権表示が付され、かつ、複製を禁止する旨の表示がない場合には、非営利の目的で組織内で閲覧する目的に限り、ハードコピーすることができます。上記を除き、本ウェブサイトは著作権・特許権・商標権その他の知的所有権に基づく如何なる権利も許諾するものではありません。但し、個々のコンテンツにおいて、個別に利用条件は示されている場合、またはそれを示すコンテンツにリンクしている場合には、当該条件が優先されます。

文章及びその内容
当店は、本ウェブサイト上の文章及びその内容に関し如何なる保証もするものではありません。万一本ウェブサイト上の文章の内に誤りがあった場合でも当店は一切責任を負いかねます。また、本ウェブサイト上の文章に記載されている事項は、予告なしに変更されることがありますので、予めご了承おき下さい。

掲載日とその内容

本ウェブサイトに掲載されている情報は、記載した時点での情報です。掲載した時点以降に変更される場合もありますので、予めご了承ください。
タグ :免責事項

移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2011年06月08日 17:35

入会申請

当会にご興味をお持ち頂き、誠にありがとうございます。
当会に入会するには、入会のお申し込みが必要となります。

ご希望の方は、下記のリンクより本書類を印刷後、各項目にチェックをして頂き、
当会のFAX番号 078-785-3440 宛に送信をお願いいたします。



タグ :入会申請

移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2011年06月08日 17:35

移情閣について

この記念館は、中国の革命家、政治家、思想家孫文(字は中山、号は逸仙、英文名はSunYat-sen,1866~1925)を顕彰する日本で唯一の孫文記念館として、1984(昭和59)年11月に開設されました。

この建物はもともと神戸で活躍していた華商、呉錦堂(1855~1926)の「松海別荘」を前身としており、1915(大正4)年春に、その別荘の東側に八角三層の中国式楼閣の「移情閣」が建てられました。外観が六角に見えるところから、地元では長らく「舞子の六角堂」として親しまれてきました。

孫文と「松海別荘」の関わりは、孫文が1913(大正2)年3月14日、来神の際、神戸の中国人や、財界有志が開いた歓迎の昼食会の会場になったときに始まります。

その後、1982(昭和57)年9月、兵庫県が「移情閣」を管理していた神戸華僑総会から寄贈をうけ、改修を行いました。

1984(昭和59)年11月12日、孫文生誕の日に「孫中山記念館」として一般に公開されました。

1993(平成5)年12月には「兵庫県指定重要文化財」に指定されました。

1994(平成6)年3月、明石海峡大橋の建設にともない、いったん解体され、元の位置から西南方向200メートルのこの地に移転・復元工事が進められ、2000(平成12)年4月に完成しました。

2001年(平成13年)11月、文部科学省より国の重要文化財に指定されました。


この記念館には、孫文と神戸の関わりを中心に、呉錦堂の生涯や移情閣の変遷などについての詳細な展示が行われています。


>>詳細は孫文記念館のホームページへ
移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2011年06月08日 17:34

友の会とは

移情閣(孫文記念館)友の会

移情閣友の会は移情閣を拠点として各種の文化活動を行い日中並びに国際間の文化交流を通じて会員相互の親睦を図ることを目的としています。

年会費(4月~翌年3月)は、1000円、入会申込書にご記入の上、ご持参くださるか、郵便小為替を同封して郵送して下さい。又は、郵便振替「移情閣(孫文中山記念館)友の会の口座01190-7-43126」をご利用下さい。

〒665-0047 神戸市垂水区東舞子町2051   移情閣(孫文記念館)友の会
TEL 078-783-7172 FAX 078-785-3440
E-mail ijokaku-tomonokai@tea.ocn.ne.jp
(@を半角にしてお送り下さい)

移情閣友の会 会則

第1章 総 則
第1条(名称)
本会は移情閣(孫文記念館)友の会という。
第2条(事務局)
本会の事務局は神戸市垂水区東舞子町2051におく。
第3条(目的)
本会は移情閣(孫文記念館)を拠点として、公益財団法人孫中山記念会の目的とする日中文化交流を市民段階で実施し、日中並びに国際間の文化交流活動を通じて、会員相互の親睦を図ることを目的とする。

第2章 会員及び会費
第4条(入会)
本会の会員は本会の目的に賛同し、会費を納めたものとする。
会員は一般会員と賛助会員とで構成される。
賛助会員は、本会の趣旨に賛同しご協力いただける個人および団体が入会できる。
第5条(会費)
 1.会員は会費を納めなければならない。
 2.会費について、一般会員は年間1,000円、賛助会員は年間5,000円とする。
 3.すでに納入された会費は、理由の如何を問わず返還しない。
第6条(退会)
 1.会員はいつでも申し出ることで退会できる。
 2.会費を1年以上滞納したものは、退会したと見なす。
第7条(除名)
会員が本会の名誉を毀損、または目的に反する行為を行ったときは、総会の議決により、除名することができる。

第3章 役 員
第8条(役員)本会に次の役員を置く。
 会長 1名  副会長 1名  顧問 1名  企画運営委員長 1名  企画運営副委員長 2名  企画運営委員 若干名 監事 2名
第9条(役員の任命)
 1.会長は総会において選任される。
 2.副会長は総会の決議を経て、会長が委嘱する。
 3.企画運営委員長と副委員長は、企画運営委員会の推薦をもとに、総会の議決を経て会長が委嘱する。
 4.企画運営委員、監事は総会の議決を経て、会長が委嘱する。
第10条(役員の職務)
 1.会長は本会を代表する。
 2.副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はその職務を代行する。
 3.顧問は友の会の企画・運営に対して助言を行う。
 4.企画運営委員長、副委員長、企画運営委員は本会の目的に添った活動を企画立案する。
 5.監事は会計を監査する。
第11条(役員の任期)
 1.役員の任期は1年とし、再選は妨げない。
 2.補欠または増員により就任した役員の任期は、前任者または現任者の残存期間とする。
 3.前任者は任期終了後も後任者が就任するまでは、その任に当たるものとする。

第4章 総 会
第12条(総会)
 1.会長は毎年定期に総会を開催し、必要に応じて臨時総会を開催する。
 2.総会への出席資格は総会開始年度に友の会会員であるものとする。賛助会員は総会においての発言は許されるが、議決には参加できない。
 3.総議決権の過半数の出席(委任状を含む)をもって総会は成立する。総会に出席できない場合、委任状は総会出席者の決議に従う。
 4.総会の議長は出席者の中からその都度選任する。
 5.総会の議事は出席者の過半数をもって決定し、賛否同数なるときは議長がこれを採決する。
 6.下記の事項は、企画運営委員会の議決を経て、総会に議案として提出し、承認を受けなければならない。事業報告並びに計画、決算並びに予算、役員選出、会則変更、会費の賦課及び徴収方法、その他必要と認める事項

第5章 企画運営委員会
第13条(構成)
 1.本会に企画運営委員会を置く。
 2.企画運営委員は各同好会代表(世話人)および一般会員代表 若干名で構成する。
 3.企画運営委員会の議長は企画運営委委員長が執り行う。
第14条(召集)
 1.企画運営委員会は、企画運営委員長が、原則毎月1回召集する。
 2.企画運営委員長は役員の3分の1以上から請求があったときは、速かに企画運営委員会を招集しなければならない。
 3.企画運営委員会の召集は、予定日の5日前までに会議の目的、日時、場所を示し、構成員の全員に通知しなければならない。
第15条(議決事項)
 企画運営委員会においては、あらかじめ通知した事項についてのみ議決することができる。ただし、出席者の過半数の同意があった場合はこの限りではない。
第16条(採決)
 企画運営委員会の議事は、出席した委員の過半数で決し、賛否同数の場合は議長がこれを採決する。
第17条(議事録)
 1.企画運営委員会の議事については、議事録を作成する。
2.書記は企画運営委員の中から、その都度選出する。
3.議事録は書記が結果を記録し、会が終了するまでに、その内容の要点について、出席者の過半数の承認を受けなければならない。
第18条(運営)
 企画運営委員会は、総会で議決承認された事項について、これを運営する。
第19条(傍聴)
 1.会員は、事務局に届け出ることで、企画運営委員会に出席し、議事を傍聴できる。

第6章 同 好 会
第20条(承認)
 1.同好会活動を始めようとするものは、同好会の名称、目的、代表者名と連絡先、活動予定を記した申請書類を事務局に提出する。
 2.企画運営委員会は、申請書類を審議し、友の会の目的に合ったものと認めた場合、同好会としての活動を承認する。
 3.承認の可否は事務局より代表者に通知する。
第21条(活動報告)
 1.同好会は代表するものを企画運営委員に推薦する。また、企画運営委員会から要請あるときは、活動予定及び結果を適宜報告しなければならない。
 2.同好会の代表者は、一年間の活動内容を3月末までに企画運営委員会に、文書で報告しなければならない。
第22条(解散)
 1.同好会がその目的を達成し解散するときは、企画運営委員会に届け出る。
 2.企画運営委員会は、活動報告があってもその内容を検討して、同好会活動が1年以上なされていないと判断したときは、解散したものとみなす。

第7章 移情閣だより
第23条(構成)
 1.企画運営委員会は、会員の中から移情閣だよりの編集委員を選任し、業務を委嘱する。
 2.編集委員長は編集委員の互選により選出される。
第24条(発行)
 1.年間の発行回数、発行予定月は企画運営委員会で決定する。
 2.記事内容は、企画運営委員会が承認し、発行責任は、企画運営委員会が負う。
第25条(発送)
 発送業務は事務局が行う。

第8章 事務局
第26条(事務局)
 本会に事務局を置く。
 第27条(構成)
事務局には、事務員、会計を置く。
第28条(役割)
 事務局は次の事項を執り行う。
 1.会費の徴収および会計事務処理
 2.連絡、事務書類、移情閣だよりの発送
 3.会員の入会、退会処理および名簿の管理、作成
 4.その他企画運営委員会で特に定めた事項

第9章 会計
第29条(会計)
 本会の事業は会費、助成金、事業収入、寄付金を持ってこれにあてる。
第30条(会計年度)
 本会の会計年度は、4月1日に始まり翌年の3月31日までとする。
第31条(必要経費)
 企画運営委員会が必要と認めた経費は実費を支給する。

本会則は、
平成24年4月29日より施行する。
平成26年4月27日より改定し施行する。
平成27年4月26日より改定し施行する。



沿革

1984.12.15       移情閣友の会発足、会長に須田勇
1985.12.13       開館1周年記念「陳舜臣とアグネス・チャン(陳美齢)の夕べ―中国に架ける橋」(於神戸国際会館)
1986.11. 1       孫中山生誕120周年記念式典・講演会に協力
1986. 3.22~4.12  春季講座「孫文と神戸」を開催(講師に中村哲夫、荒尾親成、安井三吉、陳徳仁)
1987. 5.24         第2回 日中囲碁大会
1988. 1.30         新春の集い(食と健康、講師に石塚孝)
1989. 5.21~25    台湾旅行(孫文先生の史蹟を訪ねる)
1990.10.30~11. 3  中国旅行(南京中山陵)
1991.11.10        開館記念オープンハウス。中国大水害援助募金
1992. 9.20~24    シンガポール・ベナン旅行(孫文の足跡を訪ねる旅)
1993.4~6         文化教養講座「茶の湯と器の美を求めて」開催(講師に町田吉隆、島尾永康)
1994. 8.28         納涼まつり
1995.10. 7~12    中国旅行(三峡)
1996.10. 9~14    中国旅行(北京、大同)
1997. 4.13         総会講演「中国縦断8,000㎞の旅」(講師に居相行夫)
1998. 4. 1          林同春、移情閣友の会会長に就任
1999. 6. 6          コーラス同好会、中国音楽コンクールに入賞
2000.12.16        「山口一郎先生を偲ぶ会」共催
2005.10.7          移情閣コーラス同好会講師の張文乃先生が神戸市文化活動功労賞を受賞
2005.10.14~18   呉錦堂の故郷での呉錦堂生誕150周年記念行事に友の会から移情閣コーラスが参加
2005.11.25~29    「移情閣と舞子風景を描く・展覧会」が開催第20回を迎える
2006.5.1           孫文記念館内に友の会専用室が設置される
2006.5.3           林同春友の会会長 神戸新聞平和賞を受賞
2006.9.29          孫文記念館リニューアル記念レセプション・講演に協力(胡弓同好会と移情閣コーラスが演奏)
2006.12.9          孫文生誕140周年記念「孫文と南方熊楠」の国際シンポジウムに協力
2007.9.8~9        第九回世界華商大会神戸・大阪開催記念連続シンポジウム「孫文・華僑.東北アジア」に協力。①「地域に生きる孫文」(9月8日)にパネラーとして佐瀬企画運営委員長が参加、移情閣コーラスが賛助出演。 ②「東北アジアの華僑・華人」(9月9日)
2008.2.25          神戸大学主催の地域再生フォーラム 崔天凱中華人民共和国駐日本国特命全権大使講演会「当面の中日関係と胡錦濤国家主席の訪日」に協力。移情閣コーラスが賛助出演。
2008.11.16~21   移情閣中国文化同好会20周年記念「広州・中山・アモイ」訪問旅行を実施。
2008.12.7          移情閣胡弓(二胡)同好会第一回発表会を開催。
2008.12.13        移情閣コーラス同好会結成20周年記念チャリティコンサートを開催。
2009.1.25          移情閣友の会新春のつどいで川村旭芳さんによる筑前琵琶の演奏を楽しむ。
2009.4.26          移情閣友の会総会貝原俊民(財)孫中山記念会理事長による友の会創立25周年記念特別講演「移情閣と私」。
2009.8.4~9.30    兵庫県の地域元気回復支援事業の一つとして(舞子公園元気アップ事業)“孫文記念館庭園で孫文蓮を楽しむ会・中国の花々を楽しむ会”を実施。
2009.11.14         “孫文2009“事業の一環として移情閣友の会25周年行事(日中文化・芸術交流と市民交流の集い)「玉岡かおる講演会と中国音楽・越劇を楽しむ会」を開催。
2009.11.19        移情閣友の会会長林同春氏ご逝去。
2010.4.25          移情閣友の会総会にて孫中山記念会副理事長黄耀庭氏を友の会会長に選出。
2010.9.25          移情閣まつりで女優の中野良子さんが講演「私の見た中国~女優として、親善大使として」
2010.11.2~11.21  “孫文2010”で李庚氏(京都造形芸術大学教授)の中国水墨画展を実施
2010,11.23         “孫文2010”講演と音楽の会で李庚氏(京都造形芸術大学教授)が講演「孫文と日本の友人たちー『青山一髪』中の人物像―」
2011,10.10         <辛亥革命100周年記念行事>として盛大に行いました。「移情閣まつり・月見の会」・吹奏楽演奏(舞子中学)・中国獅子舞(神戸市立兵庫商業高校龍獅団)・中国舞踊(胡紅侶)・沖縄芸能(酔舞琉)&二胡/太極拳/コーラス演奏&表演(友の会同好会)
2011,10.10         新しく「越劇同好会」発足
2011,10.20         辛亥革命100周年記念事業“孫文2011講演会” 小坂文乃氏<辛亥革命100周年 日中友好秘話 孫文と梅谷庄吉>を開催。(小坂文乃さんは梅谷庄吉の曾孫にあたります。)
2012.4.26        移情閣友の会総会にて孫中山記念会副理事長・神戸中華同文学校名誉校長の愛新翼氏を友の会会長に選出

タグ :友の会とは

移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2011年06月08日 17:33
< 2011年06>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最近のコメント
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人