移情閣友の会

移情閣中国文化同好会12月例会&忘年会を終えて

移情閣中国文化同好会12月例会は、さる15日(日)14時30分から移情閣2階講義室にて開催され、15名の会員が参加しました。「ちょっと気になる中国の都市 紹興と南潯」と題して、橘雄三先生(孫文記念館(移情閣)元事務局長、中国文化同好会幹事)による講話を一堂、興味深く聞き入りました。
 
 橘先生は、2年前中国へ旅行された際の様子や風景、旅で感じ取ったこと、紹興酒や中国茶の楽しみ方などについて、写真を見せながらわかりやすく語られました。また、孫文を巡る人々、魯迅故居、魯迅の盟友・蔡元培(初代北京大学学長)、若きい日を革命に捧げた秋瑾鑑湖女侠の話、移情閣に掲げている額を提字された呉芝瑛さんの逸話、参考文献など、実に話題が豊富で、2時間はあっという間に過ぎて、楽しく学ばせていただきました。
 
 その後は、場所を赤坂飯店に移し、美味しい中華料理を舌鼓を打ちながら、会員同士の親睦を深められました。同好会会員が一堂に集まり、至福なひとときを共に過ごせることができて、最高な一日でした。

橘雄三先生のホームページ「中国の友たち」の中に詳しく紹介してあります。
http://www.eonet.ne.jp/~yuzo/kandoseries02s.html

「魯迅故居」に関しては、移情閣友の会顧問の山田敬三先生のホームページも合わせてご覧になられます。
http://www.soul.zaq.jp/yamada36/guli.html










移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2013年12月16日 17:58同好会
< 2013年12>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最近のコメント
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人