移情閣友の会

巨匠 陳舜臣さんを偲ぶ

今年1月、神戸を愛した中国歴史小説家陳舜臣さんが90歳で逝去された。5月26日、「陳舜臣アジア文藝館」のグランドオープンを兼ねて「お別れの会」が催された。200人の友人、ファンが詰めかけ、別れを惜しんだ。神戸で生涯の大半を送ったコスモポリタンであった。膨大な著作は日中の絆、懸け橋であり、その功績は大変高く評価される。

「神戸の山と海をこよなく愛した詩人であり、哲人であった」
「三宮を飲み歩いたことが懐かしい。宝塚歌劇団が大好きだった」
「小説家たちの中でも心の優しい憧れの人だった」
親しかった友人達のわかれの言葉に陳さんの本当の人柄がうかがい知ることが出来た。



巨匠を偲んで、コンサートも行われた。陳さん作詞の「かささぎ橋」等を移情閣友の会コーラス同好会が熱唱した。合唱団を率いる指揮者の張文乃先生は、陳さんの遠縁でもあり「陳さんは歌が好きで低音が魅力だった」と語ってくれた。

プーリー・アナビアンさんのペルシャの伝統楽器「サンツール」による演奏はシルクロードを彷彿させてくれた。北京から駆けつけた二胡の田偉さんと琵琶の大家エンキ(閻杰)さんよる日本の「故郷」と内モンゴルの「草原情歌」は音楽に国境はないと感じさせてくれた。小池照男さんの篠笛の伴奏のもと二ノ宮修生さんの唐詩朗読も爽快感を皆に与えてくれた。

陳舜臣の偉業を忘れることなく、この場所、神戸の「陳舜臣アジア文藝館」がアジアの文化、芸術の発信基地になることを願っています。

(企画運営委員 吉村晴夫)

















移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2015年06月18日 18:34同好会

「中国古代史を学ぶ」「論語と漢詩を学ぶ」同好会合同懇親会を終えて


「移情閣中国古代史を学ぶ」同好会と「移情閣論語と漢詩を学ぶ」同好会の合同懇親会が6月17日(水)垂水でありました。

講師の瀬田慶太郎先生を囲い、12名が参加され、カラオケスナック貸し切りで気兼ねなく会員相互の親睦を深めることが出来ました。

当日は会員各自の挨拶、移情閣友の会との出会い、昔の想い出話、演歌からシャンソン、お酒にお寿司・・・・芸達者で、戦後の激動の時代を生き抜いてきた面影が見て取れます。

皆さんは実年齢の7掛けの状態で生き生き、和気あいあいと、楽しいひと時を過ごすことが出来てとっとも良かったです。(「移情閣中国古代史を学ぶ」同好会代表 吉村 晴夫 記)

移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2015年06月18日 18:14同好会
< 2015年06>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最近のコメント
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人