移情閣友の会

孫文先生生誕150周年記念-台湾の旅交流音楽会を終えて     


コーラス同好会指導・NPO法人国際音楽協会理事長 張文乃先生 
 移情閣友の会会長林同福先生をはじめ、有識者の皆様と私どもNPO法人国際音楽協会7才から82才の会員と演奏家たち、総勢33名が8月19日から22日まで台湾へ交流演奏の旅に出かけました。
 演奏会は2日目。立派な国立国父記念館でのロビーコンサート。オープニングはシンガーソングライターの涼恵さん、バックに鳳歌アンサンブル7名が加わりました。
続けた二胡の鳴尾牧子先生、揚琴の付虹先生、フルスの浜㟢繁一先生、どの曲も素晴らしい演奏でございました。ここで儀隊の交代儀式があり、私どもはしばしの休憩。その後ソプラノの藤浦佐知子先生、そしてバリトンの浜㟢繁一先生が加わって二重唱。最後に武庫川女子大学の教授坂本環先生が”荒城の月”など、台湾でもポピュラーな日本歌曲を披露。いよいよフィナーレ、出演者全員による”阿里山の歌“は観客の皆さんと大合唱となり、私どもの想像をはるかに超えて心の糸が強く結ばれた瞬間だったように思いました。
 交流演奏会はまさに人と人、心と心を瞬時に結ぶ力があると改めて確信致しました。
 旅行社の陸さん、この旅にご参加の全ての方々に感謝申し上げます。  

二胡同好会指導 鳴尾 牧子
 今回は国父記念館の孫文の巨大な像の真横に設えられたステージでの演奏というめったにできない経験をさせて頂きました。国府記念館の方々の細部まで行き届いたご配慮もありがたく、たくさんのお客様が興味を持って聞いてくださいました。各奏者による古今の日本の曲を中心としたプログラムには温かい拍手を頂き、出演者全員よる台湾民謡「阿里山の歌」では客席からも自然に歌声が上がって、とても素敵な交流コンサートとなりました。

コーラス同好会参加者の声 (福島志津子 進藤麗子 元山昭子 竹田敦子)
この度の台湾旅行は、天候にも恵まれとても有意義な4日間でした。
私達の意向を聞いて臨機応変に対応して頂きました事感謝いたします。
国父記念館での演奏会も成功し、阿里山の御来光も思いがけない形で見ることが出来ました。大満足の旅でした。

二胡同好会参加者の声 (中北富代)
 私がはじめて台湾を訪ねたのは、国父紀念館が完成した1972年でした。約2ケ月台中に滞在し、その間、日月潭にも行きました。
今回の旅は、若かりし頃の足跡をたどり、縁を確かめ喜ぶような有り難い旅になりました。素晴らしいコンサート、素晴らしいお出会いに心から感謝いたします。皆様のご健康とお幸せを祈ります。謝謝!

2016年8月20日(土)台湾国立国父紀念館での交流音楽会の様子は下記のURTにてご覧になられます。
https://www.youtube.com/watch?v=gc5L_7UomZo&feature=youtu.be



移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2016年08月31日 12:45友の会活動

漢詩朗唱を一緒に!

私は各種イベント会場・学校・老人ホームなど日本の詩や漢詩の朗唱をしています。
日本の詩は古事記・万葉集から単価・俳句現代詩までを朗唱します。漢詩は唐詩を中心に宋詞なども含め、日本語と中国語による朗唱を行います。
 また映画音楽の「大海啊故郷」などは歌やコーラスで聞くのも美しい良いものですが、これをの本醐と中国語で情感を込めて朗唱するのも別の味わいがあって楽しでもらえるものと思います。
 朗唱は朗読と同じようなものですが、朗読よりもう少し抑揚をつけて、歌と朗読の中間暗いといった感じです。大切なのは朗々と歌うように、一定の調子をたまって行います。そのためには、本を見内で、漢詩を暗記して、自分の体の一部となるくらい取り込み、じっくりと市と付き合うことによってできるようになります。そうして舞台では聞いている人たちの顔を見ながら声を出します。そうすることによって、声に弾力がつき、遠くまで通るようになります。そうなれば言葉の強弱や間の取り方を工夫するようになり、舞台での朗唱が一層楽しくなります。
 心配ごとや悩みで夜中に間が覚めて眠れないようなとき、詩を暗記する機会にして、気持ちを集中しているうちにいつの間にかぐっすりなむっていたりするものです。暗記しようとする気持ちがもたらす効用といえるかもしれません。
 私は朗唱をいろんな楽器の人たちと共ににするのが好きです。二胡・笛・古箏・ピアノ等聞いている人に、演奏あり詩ありで、楽しいひとときを過ごしてもらいたいものです。日本詩や漢詩に興味ある方、詩といっしょに楽器を演奏してみたいという方がいましたら、ぜひお声かけてください。一緒に楽しみましょう!(友の会会員 米家哲郎)



移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2016年08月31日 12:44
< 2016年08>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近のコメント
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人