移情閣友の会

「移情閣まつり・月見の会 」

移情閣(孫文記念館)友の会企画運営委員 後藤 みなみ(王 淑麗)

今年は、奇しくも中華民国建国百周年記念日・辛亥革命が起きたと同じ「10月10日」という日に、移情閣の前の舞子公園(芝生)にて、恒例の移情閣まつり・月見の会が盛大に行われました。皆様方、大勢のご参加、誠にありがとうございました。
 私たち移情閣友の会は、移情閣を拠点として、中国語講座を始め、二胡同好会・コーラス同好会・写真同好会・太極拳同好会・中国文化同好会・囲碁同好会、また中国語サロンなど文化交流による日中の架け橋として日々楽しく活動しています。その様子を会場のパネル展示でも紹介しました。


さて、今年の「移情閣まつり・月見の会」には、中高生ほか、地元の若者がイベントに多数参加して頂いたことと、中国人の芸術家の方々の初出場もあり、錦上花を添えて、企画を盛り上げて頂いたのが大きな特徴でした。地元の舞子中学校吹奏楽部による演奏で、流行の曲から、懐かしの名曲まで、人々の心に届く演奏を届けていただいた後、女子高校生による龍獅団さんの中国獅子舞が披露されました。獅子に頭をなでられると幸運に恵まれるとの言い伝えで、来場者は怖がりながらも笑顔が見られました。

つづけての中国舞踊は、華やかな民族衣装まとった、孫文生誕の地・中国広東省中山市に生まれ、京阪神で活動中の中国人舞い姫、胡紅侶さんと中国舞踊学園の皆さんの踊り。めったに見られない「春江花月夜」「天女」「楊貴妃の舞」などの演目で、伝統と現代を融合したダイナミックな演技でした。
ゲスト出演された舞子出身の沖縄芸能グループ酔舞琉(よいまーる)さんは、BEGIN(ビギン)の曲目を中心に演奏されました。エイサー・グループの「ティダくくる」さんとのコラボで盛り上がり、沖縄の太陽(ディータ)のように、みなを元気にしてくれました。

プログラムの後半は、同好会のメンバーによる日頃の活動成果を発表しました。結成して20年になる二胡同好会は、「彩雲追月」「見上げてごらん」「草原情歌」「ふるさと」の4曲を演奏し、美しいハモーニが会場に響き渡りました。

また、太極拳同好会と、NPO法人神戸太極拳協会グループとの共演は、息のあった素晴らしいものでした。最後に、移情閣コーラスの皆様が日本と中国の歌を披露され、国際音楽交流協会理事長、張文乃先生の指揮のもとで、会場の皆さんが一つになって、気持よく「ふるさと」などを歌いあげました。
丁度そのころ、まだ日の明るいうちに舞子ビラの横の夜空にかかっているまんまるお月さまが微笑むなか、みなで「ふるさと」を歌いながらの月見の会となりました。会場は和気あいあい、心と心を通わす余韻を残したまま、幕を閉じました。

移情閣友の会は、このように孫文を通じて、こつこつと平和文化活動を行っています。日本と中国・アジアのさらなる交流を進め、今後ともより多くの方々の賛同を得て、親しまれる活動を続けていきたいと願っています。 今年もまたお会いしましょう。

同じカテゴリー(移情閣だより)の記事画像
移情閣だより115号お届けします。
謹賀新年!移情閣だより114号をお届けします
移情閣だより113号をお届けいたします。
移情閣だより第112号をお届けいたします
移情閣だより第111号お届けいたします
移情閣だより109
同じカテゴリー(移情閣だより)の記事
 移情閣だより115号お届けします。 (2017-08-18 10:27)
 謹賀新年!移情閣だより114号をお届けします (2017-01-02 16:51)
 移情閣だより113号をお届けいたします。 (2016-10-08 10:17)
 移情閣だより第112号をお届けいたします (2016-07-20 19:01)
 移情閣だより第111号お届けいたします (2016-01-19 18:31)
 移情閣だより109 (2015-02-05 19:05)
移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2012年02月24日 13:54移情閣だより
< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最近のコメント
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人