移情閣友の会

移情閣友の会の行事に参加して思うこと。

中国語講座(研究クラス)、中国文化同好会会員 市毛香織


職にともなって東京から姫路に移り住んで2年半が経ちました。周辺にはまだ行ったことのない所がたくさんあるので、休日にはあちこちに出かけて観光を楽しんでいます。移情閣は、今年の2月に淡路島へ行った帰りに偶然見つけました。孫文が神戸で大アジア主義演説を行ったことは知っていましたが、明石海峡大橋の麓にこのような記念館があるとは知りませんでした。私は大学で中国語を学び、中国史にも関心があったので、早速行ってみることにしました。辛亥革命というと中国での革命というイメージが強かったのですが、移情閣の展示を見て、革命を支えた多くの華僑や日本人が日本にもいたことを知り、辛亥革命が様々な人によって支えられた革命であったことが分かりました。

友の会入会のきっかけは、移情閣で開かれている中国語講座に興味を持って参加したことです。講座では、ニュースを教材に取り入れ、中国のツイッターの文を扱うこともあります。話題となっている出来事に対する意見を直接中国語で読むと翻訳では味わえない躍動感が感じられ、主張がはっきりと伝わってきて大変面白いです。この講座は、言葉の学習だけでなく、現地の人が思っていることをより深く理解する上でも役に立ちます。また、自分と同じように中国語や中国文化が好きなクラスメートと出会え、中国関連の情報交換が出来るのも楽しみの一つです。

2011年4月公開講座(第1回教室)
  特に、今年は辛亥革命100周年の年に当たり、関連する公開文化講座も開かれたので、こちらも参加しました。経済学や歴史学の分野で活躍されている先生方が、専門的な内容も分かりやすくお話しくださいました。講義を聴くことができ、最新の研究成果が研究機関にとどまらず、広く市民の元に届けられ、中国への理解を一層深められることを嬉しく思います。

2011移情閣まつり・月見の会の様子
また、移情閣まつりにも参加しました。普段なかなか見ることができない獅子舞、中国舞踊、二胡の演奏などの発表を見られ、とてもよい経験になりました。まつりの準備にも携わり、テント張りや椅子運びなどの力仕事を大変に感じたり、初めてのことに戸惑ったりすることもありましたが、経験者の方にいろいろと教えていただきました。事前準備は簡単とは言えませんが、皆でまつりを成功させようと協力し合って、楽しく行うことができました。そして、当日、発表者の方も観客の方も楽しんで、喜んでいらっしゃる姿が見られたことで、準備の大変さも吹き飛び、まつりに携われてよかったと本当に嬉しく思いました。

移情閣は、日中友好の場であり、市民の集う場、たくさんの人に愛される場であると思います。それは、孫文の活動が多くの人に支えられたことに通じるものがあるように思います。中国や中国文化に興味を持った人がここに集い、様々なことを学び、中国への理解を深めるとともに、そこで学んだことを広める移情閣まつりのような活動も行っています。
関西でも移情閣の存在は知っていても見学したことがない方、または存在自体を知らない方が少なくありません。これはとても残念なことだと思います。日本人だけでなく、中華圏から観光や出張でいらっしゃる方にも是非立ち寄っていただきたいと思います。移情閣は、過去も現在も、中国を知り、理解しようと思う人々が集まる場であり、互いの友好関係を世界に発信していくことができる日中友好の証ともいえるでしょう。政治的な関係はどうであっても、私達は友好のために、中国への理解を深めていく必要があると思います。私達が活発に交流し、情報を発信し、移情閣が、両国の親密な関係を築く礎として機能し、日中友好を象徴する場であり続けて欲しいと願うばかりです。


同じカテゴリー(移情閣だより)の記事画像
移情閣だより115号お届けします。
謹賀新年!移情閣だより114号をお届けします
移情閣だより113号をお届けいたします。
移情閣だより第112号をお届けいたします
移情閣だより第111号お届けいたします
移情閣だより109
同じカテゴリー(移情閣だより)の記事
 移情閣だより115号お届けします。 (2017-08-18 10:27)
 謹賀新年!移情閣だより114号をお届けします (2017-01-02 16:51)
 移情閣だより113号をお届けいたします。 (2016-10-08 10:17)
 移情閣だより第112号をお届けいたします (2016-07-20 19:01)
 移情閣だより第111号お届けいたします (2016-01-19 18:31)
 移情閣だより109 (2015-02-05 19:05)
移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2012年02月24日 13:54移情閣だより
< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最近のコメント
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人