移情閣友の会

中国文化同好会2月例会


 2015年2月15日14:30から16:30まで中国文化同好会の月例会は、移情閣2階講義室にて開催されました。今回は、友の会中国語講座講師閻海英老师による講演で、「私の故郷長春」の紹介です。会場内は満席、通路に椅子を3席も出したほどの盛況ぶりです。また、満鉄など、日本にも親しみのあるところであり、年配の方からの質問も活発でした。

 長春は中国吉林省の省都、人口750万、長春市内の人口は358万人。地理、気候、自然資源、歴史、工業、教育、文化芸術、体育、交通、姉妹都市、友好都市、施設:長春映画製作所、長影世紀城、浄月潭森林公園、長春世界彫刻公園、偽满皇宫博物馆の順序で長春の紹介が、解り易く説明されました。

 長春の土地が肥沃で、農産物が豊富である事、特に美味しいお米が、取れるそうです。陸稲生産から、日本と同じ水稲に代わりました。トウモロコシの大生産地。また、「糧食庫」でもあります。緯度的には、日本の東北、北海道あたりでしょうか。友好都市として、仙台市、北海道千歳市、金ヶ崎市と締結しています。北海道と同じで、冬は極寒の地で、冷蔵庫は入らないそうです。日本の友好都市と同じで、浄月潭森林公園は、100平方キロの広大な自然と自然が豊かできれいな風景と生態系がある素晴らしい地区です。また、地理的に日本にとても近いです。

 只今、長春地下鉄が建築中。便利になり楽しみです。長影世紀城は、世界級映画テーマパークが有ります。特殊効果では、広さもさながら、世界NO1だそうです。中国最大級の有名な長春映画製作所と相まって、中国はもちろん、世界に向けて誇れる施設だそうです。また、ウインタースポーツが盛んでスケート、スキーはとても盛ん。体育館も40以上ありスポーツの町でもあります。冬季アジア大会も開催。

 満州時代は、新京と呼ばれ、偽满皇宫博物馆が当時の事を今に伝えています。中国一大きい吉林大学が有り、4万人以上の生徒数を誇り、留学生も多い。iPadの動画を使い、「東北漫才」「東北田植踊り」の映像、音楽の解り易い説明もありユニークでした。また、閻先生は若い時、留学が終わったら、長春で働きたかったそうです。当時の留学の難しかったこと、一族のとの関係の事にも触れられて、中国事情も分かる、楽しい長春の紹介でした。
同じカテゴリー(同好会)の記事画像
古典で学ぶ中国書法講座
中国文化同好会7月例会のご案内
中国文化同好会 2017年活動報告並びに活動計画
私の故郷ーー天津と温州
「舞子浜の住人 武藤山治と呉錦堂」講演会のご案内
王羲之と魯迅の跡を訪ねて
同じカテゴリー(同好会)の記事
 12月17日中国文化同好会例会講演録 (2018-01-15 19:28)
 古典で学ぶ中国書法講座 (2017-07-12 22:16)
 中国文化同好会7月例会のご案内 (2017-07-04 21:08)
 中国文化同好会 2017年活動報告並びに活動計画 (2017-07-03 19:50)
 私の故郷ーー天津と温州 (2017-06-26 20:45)
 「舞子浜の住人 武藤山治と呉錦堂」講演会のご案内 (2017-02-07 12:12)
移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2015年02月16日 20:06同好会
< 2018年02月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最近のコメント
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人