移情閣友の会

孫文生誕150周年特別講演会に参加して

秋晴れ最高の天気の中、格調高き県公館で実施された特別講演会は330名が興味深く聞き入りました。移情閣友の会は会員に参加の呼びかけと当日受付を手伝い、移情閣だよりと翌12日孫文ゆかりの地フィールドワークのチラシを配布し、孫文記念館と友の会のPRができて良かったと思います。
 
 2000年もの長きに亘り、皇帝専制時代が続いた最後の清王朝を孫中山先生が「三民主義」を唱え革命を起こし、清王朝を倒した。1911年の辛亥革命である。その後、袁世凱に裏切られ、日本へ亡命。人生の多くを日本と関係し、延べ18回神戸にきており、30年間で約9年も日本で生活している。その最後の日本訪問の1924年、県立神戸高等女学校において、「西方の覇道か東方の王道」を演説し、西洋の帝国主義を批判、アジアの仁義道徳を中心とした王道を説く。その言葉が最期となり翌年亡くなる。日本国民への遺言となる。亡くなる直前、「革命未だ成功せず」の言葉を残して58歳で生涯を閉じた。(因みに、「中山」とは、貴族院の中山議員の家の表札を見て、ある時、旅館の宿帳に名前を書くときに思い出して、「中山」と、記載したそうである。)
 その遺志の多くを継承しているのが、現在の中国の政策であると思われる。その内容がテーマであった。
 
第一部 基調提案
◇「経済発展と中国政治における毛沢東の大躍進の「夢」 高原 明生(東京大学大学院教授)
・三大差別の解消・中国的発展様式・英米を超える
・プロレタリア文化大革命と四つの近代化・政治優先・経済重視・自力更生・プラント輸入 「一帯一路」と「中国の夢」→「チャイナドリーム」へ
◇「中国の対外援助動向」 北野  尚宏(JICA研究所所長)
  初めて対外援助白書が作られる。援助ランキングで、日本は5位だが中国は9位。しかし、急速にアフリカをはじめ援助度高め、アジアインフラ投資銀行(AIIB)等で発展が期待できる。 「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教える」という考え方なので、大きな期待が出来る。
第二部
◇「実業計画」The International Development of Chinaの発するメッセージ] 武上 真理子(京都大学客員准教授)
 現在、革命なお未だ成功せず。凡そわが同志は必ず余の著せる建国略、建国大綱、三民主義、および第一次全国代表大会運営宣言に依拠して努力を継続し、もって貫徹を求むべし。 孫文「国事遺嘱」1925年「孫文の経済建設思想に関する大著」と評される「事業計画」である。全長10マイルに及ぶ全国鉄道網・三大港を核とする国際貿易港建設等孫文が描いた計画に近づいている。
◇「中国経済の現状と課題」 田中 修(日中産学官交流機構特別研究員)
  GDP・所得共、一時期ほどではないが、堅調に推移している。現在は、その質と効率化の向上に力点が おかれており、イノベーション駆動に力を入れている。5年計画では、・経済の中高速成長を維持し、産業のミドルハイエンド水準への邁進を促す。
 ・イノベーション強化・新都市化により、農村と都市の協調発展・環境改善・改革開放の深化による発展
 ・民生福祉の増進 を計画している。
◇「中国の海洋戦力とシイーレーン」関山 健神戸大学客員教授
 海洋戦略 90年代以降中国の領土主権問題は海洋に集中しており、一帯一路・シルクロード開発。インド洋 マラッカ海峡・南シナ海の拠点を強化、および海軍強化により、西側への援助・貿易拡大、金融協力 人的交流の拡大のスピードを高めており、シーレンにおけるアメリカ対策を準備している。シーレーン妨害による日本への影響は、迂回路があるため影響は小さいと思われる。

まとめ
 遣唐使に始まって、日本は多くの事を中国から学びました。中国は偉大な国である。13億とも14億ともいわれる人口がいる強大な国ですから、中国から学んで、それを加工して技術進化を遂げた日本と連携していけば、日本の利益も増大するし、それが、全世界が平和で豊かな生活を送れると思う。 尖閣問題でも、将来に棚上げせず、領有権を主張せず、共有の財産として、お互いに協調し、 あの島を共同で開発し、利益折半していくのが、どれほどいいだろうか。取り合いをすると 戦争の原因に発展します。竹島も北方四島もそうです。共同開発利益折半が一番平和的解決方法だと思うのは私だけでしょうか?                                
 
*(翌日、12日はインド首相と安倍総理の昼食会談の場で、原子力と新幹線の輸出及びインフラ開発援助のの話し合いがなされ、日本企業のインド進出に合意)
(中国古代史同好会 渡利慶昭 記)




同じカテゴリー(孫文記念館)の記事画像
孫文生誕150周年記念国際シンポジウムご案内
孫文生誕150周年記念 特別講演会参加して
孫文生誕150周年記念講演会のご案内
同じカテゴリー(孫文記念館)の記事
 国際シンポジウム愛新翼館長 謝辞 (2016-12-21 15:34)
 孫文生誕150周年記念国際シンポジウムご案内 (2016-11-21 18:50)
 孫文生誕150周年記念 特別講演会参加して (2016-11-12 08:36)
 孫文生誕150周年記念講演会のご案内 (2016-10-08 10:17)
移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2016年12月22日 21:13孫文記念館
< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最近のコメント
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人