移情閣友の会

中国文化同好会3月定例会

 2015年3月15日14:30から16:30まで中国文化同好会の月例会は、移情閣2階講義室にて開催されました。今回は、友の会顧問・神戸大学名誉教授の山田 敬三先生を講師に迎え、「鎮魂と平和の里ー阿智村の満蒙開拓平和記念館を訪ねて」と題して講義をいただき、17名の参加者が真剣に話を聞き入りました。
 講義の中に、戦後終了後にもかかわらす通化事件が起きたという説明がありました。最後に質疑応答の時間で、驚いたことに当時19歳で実際に戦争にかかわっていた同好会会員がおられて、通化事件にかかわった往時の様子を生の声で聞けましたことでした。終戦後70年経っても戦争の悲惨さと愚かさを痛感し、二度と戦争を起こさないよう、祈念しております。
 ここ、移情閣友の会は、市民レベルでの日中交流を通して、日本と中国の両国間の関係改善に貢献できるような活動をしていきたいと強く思いました。



移情閣,孫文,記念館
Posted by 移情閣友の会 at 2015年03月17日 12:40同好会
< 2015年03>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最近のコメント
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人